*--Diary--*

shiromukuDIARY、shiromuku(c)DIARY、shiromuku(u)DIARYを統合して、画像とアイコンのアップロード機能を搭載致しました。
また管理ページの「デザインの設定」で設定出来る項目が大幅に増えました。
文字色の選択が可能になりました。
Special Thanks to:ソザイヤPOMO


取り勝負(とりしょうぶ)→とぅいしゅるばーけー  2003/06/30
欲張り(よくばり)→ゆーくー  2003/06/30
無料(むりょう)→いちゃんだ  2003/06/30
針千本(はりせんぼん)→アバサー  2003/06/12
手拭(てぬぐい)→サージ  2003/05/22
臭い(におい)カバー・カジャー  2003/05/22
おなら(おなら)→クサビー・ヒー・プー  2003/05/22
うんこ(うんこ)→クス  2003/05/22


取り勝負(とりしょうぶ)→とぅいしゅるばーけー

沖縄の言葉で、取り勝負することをトゥイシュルバーケーといいます。
兄弟でとぅいしゅるばーけーはよくやっていました。お菓子はもちろん、ご飯のおかずでチキンやチーズハムサンドなど出た日は我先にととぅいしゅるばーけーしていたことを思い出します。

はい、では皆さんも一緒に  “トゥイシュルバーケー”
Date: 2003/06/30


欲張り(よくばり)→ゆーくー

沖縄で欲張りのことをユークーと言います。
昔、友達同士でかっぱえびせんなどお菓子を分けて食べるとき、最初は仲良く食べていても後半は取り勝負で『え〜ゆ〜く〜さんけ〜』としょうも無いことで喧嘩をしていたことを思い出します。

はい、では皆さんも一緒に  “ゆーくー”
Date: 2003/06/30


無料(むりょう)→いちゃんだ

沖縄で無料のことをイチャンダといいます。
沖縄にあちこちあるビーチですが、有料ビーチが結構あります。有料ビーチは大体県外の人が多く、地元の人が行くビーチはイチャンダビーチ(無料ビーチ)になるわけです。
小さい頃オジーとお店に行った際、お菓子を貰ったりしましたが、おじーがお金を払おうとすると、『いちゃんじゃししむさ、わらびんかいきれー』(無料でいいよ、子供にあげなさい)といってナビスコや、ヤクルトなど貰った記憶があります。

はい、では皆さんも一緒に  “イチャンダ”
Date: 2003/06/30


針千本(はりせんぼん)→アバサー

沖縄で針千本(漢字でいいのか?)のことをアバサーといいます。
アバサーは沖縄ではアバサー汁として料理で出てきます。小さい頃親が海から取ってきたアバサーが可愛く口をパクパクしているので、何気に近くにあったボールペンを突っ込んだらバキバキッと噛み砕き驚いた事を思い出します。あと、アバサーの口の中に『風の谷のナウシカ』に出てくるオームのような寄生虫がいて、アバサーが死んでいるのを確認して、口から取り出し、色が白く綺麗だったので触っていると、やっぱり怒られました。


あと、アバサーはおしゃべり、“チクリや”の事もいいます。
自分も小学生の頃、同級生を泣かせたことを先生にちくられ、
『え〜○○よ〜、いやー先生にアバチャンヤーやなアバサーや死なすんど〜』などとよく言ったものです。(本当?)

はい、では皆さんも一緒に  “アバサー”
Date: 2003/06/12


手拭(てぬぐい)→サージ

手拭のことを沖縄では“サージ”といいます。
高校生の頃、学校に扇風機やクーラーがなくと書くと歳のいった人のようにきこえますが30歳です。
扇風機もないので、夏場は暑く、センスを片手に、首からはサージを巻いてあるいていました。(笑)

サージは巻くだけでなく、暑い日は頭にかぶり、手前のタオルを後ろにまいて暑さを凌いだりしていました。


はい、では皆さんも一緒に  “サージ”
Date: 2003/05/22


臭い(におい)カバー・カジャー

沖縄でにおいの事を“カバー”“カジャー”といいます。
確実にくさいにおいの時はカジャーですね。

『エーカレーカバーシ、マーサギサヨ』
(おい、カレーのにおい、美味しそうだな)のように使います。
『エーイヤーアシカジャーシハゴーサヨ』
(おい、お前よ汗の臭いするぞ、汚い)
ってな感じですかね。もちろんカバーも、嫌なにおいの時にもつかいます 。

うんこ臭い→クスカバー クスカジャー
変なにおい→イフォーナーカバー
おなら臭い→クサビーカバー

はい、では皆さんも一緒に  “カバー”
Date: 2003/05/22


おなら(おなら)→クサビー・ヒー・プー

沖縄でおならのことを“クサビー”“ヒー”といいます。
昔うちの父親に『アイエーズボンがヤンリトッサー』(ズボンが切れた)といって『大丈夫ヤミ?インチンデー』(大丈夫か?見てごらん)と言われ、警戒もせずにチビ(お尻)を覗くと、『クサビー』といって自分の顔におならをかけて“マサカヒャー状態”(まさか?)の自分を見て笑っていました。
仕返しに親が眠っているときや横になってテレビに夢中になっている時に仕返しをして怒られたこともありました。
小さい頃の忘れられない思い出です。(笑)

おならをよくする人のことを“ヒーヒヤー”“クサビーヒヤー”ともいいます。
あと、カナブンのことを知念村では“クサビーブーブー”といっています。地域によってはクスヒリブーブーなどともいいます。

はい、では皆さんも一緒に  “クサビー”
Date: 2003/05/22


うんこ(うんこ)→クス

最近うちなぁぐちで下品な事を書いていますが、金八先生でもふれていたうんこのことをかきます。

沖縄でうんこの事を“クス”といいます。うんこがしたい時には『クスマイブサヨ』といえば通じます。

沖縄では猫をたとえた言葉が多く、ウンコたれの事を“クスマヤー”といいます。共通語で直訳するとうんこ猫になってしまいますがウンコたれの事をいいます。

小学生の頃、同級生で毎朝うんこをする奴がいました。最初の頃はほうきで突付いたり、ドンドンとドアを叩いたり、上から水をかけたり、上から覗いたりと、していましたが、(小学生の頃は学校のトイレでクスをすることがいけない事かの様ににみんなでしていました(笑))
でも後半は毎日クスをしに行くので、彼の時だけは何もしなくなっていました。もちろん彼のあだ名は“クスマヤー”でした。(笑)

はい、では皆さんも一緒に  “クス”
Date: 2003/05/22


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
028378
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71